【不味くない】美容最強だけど不味いビタミンC、リポスフェリックの美味しい飲み方を検証してみた




こんにちは、ユウです。

皆さん、お肌の手入れは完璧ですか?
昨今は美容ブームということもあり、美容クリニックや、エステやサプリなど世の中には沢山綺麗になるための手段が溢れています。

特に家で気軽に飲めるサプリは簡単に入手しやすく、導入コストが低いため普及しつつあります。

そこで今回は、現在最強のビタミンCサプリと呼ばれているリポスフェリックについて徹底解説していきます。
肌のくすみ、ニキビが気になる方、リポスフェリックの飲み方で悩んでいる方におすすめの記事です。

リポスフェリックとは?

特徴

リポスフェリックは、美容界隈でも有名なビタミンCサプリです。
Nano-Spheresと呼ばれるカプレスの中にビタミンCが封入されており、ビタミンCの吸収度が非常に高いことで知られています。

またリポソーム技術により胃の中で胃酸によって破壊されることなく、大腸壁までビタミンCを到達させます。
日本でも沢山のモデルが愛用していることでも有名で、Youtubeなどでもよくレビューをみかけます。

成分

【栄養成分】1包5.7gあたり
・エネルギー21.6kcal
・タンパク質0.17g
・脂質1.20g
・炭水化物1.36g
・ナトリウム160mg
・ビタミンC1,000mg

リポスフェリックはビタミン剤なので、過剰に摂取しなければ妊娠中や授乳中に飲んでいても問題はないようです。
また、リポスフェリックは人口着色料や香料、遺伝子組み換え不使用の100%植物由来の成分でできているため、安心して飲むことができます。

価格

価格は、1箱30包入りで定価約3,700円です。
1日1包と考えると一箱で1ヶ月持ちます。おそらくアマゾンが最安です。

 

効果

リポスフェリックは、主に肌のくすみ、ニキビに効果があると言われています。
個人差はあると思いますが、僕はリポスフェリックを飲み始めてから明らかに肌のコンディションが良くなりました

僕は最初女の子に紹介してもらったのがリポスフェリックを知ったきっかけなのですが、確かに美容点滴などに比べて導入面、維持面のハードルがとても低いです。
くすみやシミ、ニキビなど肌のトラブルで男性の方でも迷っている方は一回試してみるのをおすすめします。

安くて美肌効果もある、そんな魔法みたいなサプリ、リポスフェリックですが、もちろん欠点もあります。

それは、味が決定的に不味いこと。

例えるなら工場の切削油のような味がします。
そのまま口に含んだらオエっとするような風味です。

そこで僕はこの不味いリポスフェリックをどうしたら美味しく手軽に飲めるかを検証してみました。

僕が試した飲み方

直接飲む

まずは、リポスフェリックを直接口に入れて、水を飲む、という方法を検証しました。

結果

クソ不味いです

最初の口入れも不味いですが、飲み込んだ後の不快感も半端ない。
ただ工程が少ない分手軽さはあります。

味の感じなさ:★☆☆☆☆
手軽さ:★★★★★

コップに入れて飲む

続いて、コップに水を入れ、その後にリポスフェリックを入れて飲むという方法で検証してみました。

まず水を100mlほど入れます。

 

結果

おお、だいぶ味は感じなくなりましたが、まだほんのり不味い
またコップの底にリポスフェリックが付着し、残ってしまうのがネック。改善の余地ありです。

味の感じなさ:★★★☆☆
手軽さ:★★★☆☆

 

ショットグラスに入れて飲む

最後は、ショットグラスに水を入れて、その後リポスフェリックをそのショットグラスに入れて飲むという方法で検証。

ショットグラスに30mlほど水を注ぎます

その後リポスフェリックを注入。

出来上がり、これをグイッと飲みます。

結果

こ、これは味をほとんど感じない!!

リポスフェリック×ショットグラスは革命です。
しかもコップの底にリポスフェリックが残りません。現状この飲み方がベストですね。

味の感じなさ:★★★★★
手軽さ:★★★★☆

以上の検証結果より、最強の飲み方はショットグラスを使って飲むことだとわかりました。

まとめ

今回は、現在最強のビタミンCサプリ、リポスフェリックの効果や飲み方について解説してきました。

・そのまま口に入れて水で流し込む
・コップに水を入れてその中に入れて飲む
・ショットグラスに水を入れてその中に入れて飲む

という3つの方法で検証しましたが、ショットグラスで飲む方法がとても飲みやすいことがベストです。

肌のくすみ、ニキビが気になる方、リポスフェリックの飲み方で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパとファッションとガジェットが好きなフリーランスデザイナーだ。 趣味はバックパッカーで、これまで世界30カ国を旅してきた。ナンパメソッドや商品レビュー、ホステルレビュー、資格取得方法など様々な情報を発信している。気楽に見てってくれ。