【宿泊レポ】ミラノの格安人気ホステル「Ostello Bello Grande」に泊まってみた




こんにちは、ケイです。

ヨーロッパの格安人気ホステル宿泊レポシリーズ第3弾のヴェネチアに続き、第4弾はファッションの都「ミラノ」のおしゃれホステルです。

ミラノといえばルネッサンス時代の傑作が生み出す歴史と、ミラノ・コレクションでも知られるファッションの街です。

f:id:yu_coin:20180520200632j:plain

建築物では、ミラノ中央駅前に大きくそびえ立つ巨大なドゥオーモが人気ですよね。

そんな芸術やファッションに洗練された街、ミラノにある格安人気ホステルに宿泊してきたので、詳しくレポートしていきます。

Ostello Bello Grande(オステロベッログランデ)

今回泊まったのは「Ostello Bello Grande」(オステロベッログランデ)というミラノ中央駅近くの人気ホステルです。

ホステル アルキ ロッシ(フィレンツェ)– 2018年 最新料金

毎度お馴染みBooking.comで予約しました。 値段は1泊28ユーロくらい。ミラノのホステルにしては安い方です。

 

ここのホステルにした理由は、まず値段が安いのにレビューが高かったのと、それに加えて、朝食ビュッフェ付きで、写真がとても美味しそうだったからです。

朝食ビュッフェ付きのホステルはバックパッカーにとってはとてもありがたいですね。

チェックインまで

ミラノ中央駅からオステロベッログランデまでアクセスは半端なく良いです。なんせ徒歩3分。

 

駅の正面口から出て左に少し歩くと着いてしまいます。夜も暗くないので女性の方でもここは安心だと思います。

ドアを開けてホステルに入るとこんな感じでした。

f:id:yu_coin:20180520182857j:plain

この写真ではフロントのお兄さん機嫌悪そうに見えますが実際はめっちゃ陽気なナイスガイです

f:id:yu_coin:20180520183830j:plain

ホステルらしく旅行鞄のアートがありました。1番上の小さい鞄に非常口シールが貼ってありセンスを感じますね。

f:id:yu_coin:20180520183900j:plain

ツアーブックもこのように沢山並んでいました。またボードゲームも大量にあって色々遊べそうです。

f:id:yu_coin:20180520183920j:plain f:id:yu_coin:20180520183824j:plain

また、このホステルの素晴らしいところはウェルカムドリンクが飲めるところです。

聞いたところビールもOKらしく、ホステル着いて早々上のオープンスペースでサッカーを見ながらグビッと行かせて頂きました。いやー美味しかった。

f:id:yu_coin:20180520185357j:plain f:id:yu_coin:20180520185353j:plain

チェックインを済ませた後は、部屋に向かいます。

ホステルにはエレベーターもありましたが、僕の部屋は3階だったので階段で部屋まで行きました。

f:id:yu_coin:20180520185349j:plain

踊り場には旅行者のイラストがありました。ノートを切り取ったような背景が洒落てる。。さすがミラノ。

f:id:yu_coin:20180520185402j:plain f:id:yu_coin:20180520190210j:plain

3階に着きまっすぐ行くと、今回お世話になる353号室がありました。

ドアが結構しっかりしていて防音に力を入れているのがわかります。

f:id:yu_coin:20180520183802j:plain f:id:yu_coin:20180520183811j:plain

部屋の間取りはこんな感じでした。

今回泊まったのは男女共用の4人部屋シャワートイレ付き。ホステルにありがちなオーソドックスな部屋ですね。

f:id:yu_coin:20180520191719j:plain f:id:yu_coin:20180520191753j:plain

この日は日本人の友達と2人で泊まったのですが、それ以外に韓国の女性の方が泊まっていました。

ミラノは服飾品目当てにアジアの観光客が多かった印象です。

f:id:yu_coin:20180520183815j:plain f:id:yu_coin:20180520183853j:plain

シャワールームはこんな感じでした。タイミングが悪いことにこの日丁度電球が切れてしまい、一回だけ暗闇の中でシャワーを浴びました笑

シャワー自体はすぐにお湯が出て、床も浸水しないタイプでとても快適でした。

また、洗面台の鏡がホテルのように大きくて狭さは全く感じませんでした。

朝ごはん

オステロベッログランデの朝ごはんは、1階のオープンスペースにて朝7時〜9時まで提供されています。

f:id:yu_coin:20180520183837j:plain

この日は8時くらいに行ったのですが4、5人くらいの方がコーヒーを飲んだりパンを食べたりゆっくりしていました。

f:id:yu_coin:20180520183938j:plain

ビュッフェの主なメニューは数種類のパン、シリアル、スクランブルエッグ、ソーセージ、フルーツになります。

ドリンクはコーヒー、牛乳、水、オレンジジュースが提供されていました。

f:id:yu_coin:20180520183933j:plain

こちらが僕が食べたメニューです。

このホステルの朝食で素晴らしかったのが、フルーツがそのまま置いてあることです。上のリンゴの他に、キウイやラフランスもありました。

朝食でフルーツをがっつり生で食べると海外にいる感じがしますよね。

あとこの記事を書きながら思い出したのが、実はこのホステル、晩御飯も付いていました。。1泊2食付きで28ユーロってもう末恐ろしいですよね。

僕は勝手に晩御飯はオプションだと思って当日は外に食べに行ってしまいました。ああ勿体無かった。

ちなみに晩御飯は7pm-9pmに1階のオープンスペースにて、朝食と同じくビュッフェ形式で提供されるらしいです。

まとめ

最後に、宿泊してみて良かった点と悪かった点をまとめてみました。

良かった点

・ミラノ中央駅からのアクセスが半端なく良い

・ウェルカムドリンクでビールが飲める

・トイレとシャワーがセパレート

・ミラノのホステルの中では比較的安い

・全体的に設備が綺麗

・朝食ビュッフェでそのままのフルーツが出てくる

 

悪かった点

・無し

 

ミラノのオステロベッログランデ、トータルで見てもイタリア旅行の中で最高のホステルでした。

悪かったところを必死に思い出そうと思いましたが、思いつきませんでした笑

ミラノの後はフランスのニースへ行ったので、そこで泊まったおすすめのホステルについても次回紹介したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションとガジェットが好きなフリーランスデザイナーです。 趣味はバックパッカーで、これまで世界30カ国を旅してきました。商品レビューやホステルレビュー、資格取得方法など様々な情報を発信しています。