【6時間待ち】Girls Don’t Cryの1日限定ポップアップストアに行ってきた




こんにちは、ケイだ。

先日渋谷SO1にて、1日限定でGirls Don’t Cryのポップアップストアが開催された。

当日はSupremeばりの長蛇の行列ができてSNSでも話題なったいたが、僕も実際に足を運んできたのでその様子をお伝えしよう。

Girls Don’t Cryとは?

まずGirls Don’t Cryとは、ラグジュアリーストリートの発信地として知られるロサンゼルスの人気リテーラー『FourTwoFour on Fairfax(フォートゥーフォー オン フェアファックス)』とのチームアップを先日発表したグラフィックアーティスト、VERDY(ヴァーディ)が手がけるファッションレーベルだ


インスタグラムでも国外問わずモデルやミュージシャンなどといったファッションインフルエンサーが次々と取り入れており、
世界的にも注目されている。

人気モデルの大屋夏南や、

世界的DJのAlison Wonderland(アリソン・ワンダーランド)など。

そんな今流行りの〈Girls Don’t Cry〉が、原宿のキャットストリートから目と鼻の先にあるアートギャラリー『SO1』にて、1日限定のポップアップストアを開催したので、今回はそのレビューと購入したアイテムを紹介していく。

ポップアップストア当日

当日のポップアップストアのスケジュールは午前11時~午後7時だったので、少し早く見積もって午前9時頃に行ったのだが、すでにお店の前には長蛇の列。

おそらく2000人は寒空の中並んでいたそうで、Girls Don’t cryの人気っぷりを身をもって体感させられた。

そして並ぶこと6時間、遂に入店だ。

これまでの行列に並んだ最長記録(USJミニオン・ハチャメチャ・ライド280分)を軽く更新しながら、暖を求めるようにお店の中へ。

内装はこんな感じ。

Girls Don’t Cryのロゴをファブリックに印刷したものが壁一面にディスプレイされていた。

いかにもインスタ映えしそうな内装だ。

販売形態はライブの物販に似ており、在庫を確認して裏のストックから取り出して来るという感じで、レジもなかったので少し効率が悪そうに見えた。

購入したアイテム

なお、当日は転売防止目的ということで1人1アイテム1種類まで

僕も目星をつけていたものをささっと購入して退出した。

一つ一つ紹介していこう。

Girls Don’t Cry Hoodie ¥14,000(税込)

まずは今回のポップアップストア最大の目玉商品、プルオーバーパーカーだ。

バックにはおなじみのGirls Don’t Cryロゴがプリントされており、とても存在感がある。

パーカーは全部で4色展開されており、白の以外にも以下の黒、紫、茶の3色が用意されていたが、黒は売り切れていたので次点で欲しかった白を購入した。もう少し早く並べば良かった。

2つめは、これからの季節に使えそうなシンプルな白のTシャツだ。

バックには大きくバタフライのイラストがプリントされており、男女どちらが着てもキマるテイストになっている。

Girls Don’t Cry Socks ¥2,000(税込)


最後は、白と赤の可愛いソックスだ。

このソックスもパーカーと同様に多色展開されており、白×赤、白×紺、茶×淡い水色の3色があった。

その中でも白赤がダントツで可愛く使い勝手も良さそうだったので白赤を購入した。

まとめ

今回は1日限定で開催されたGirls Don’t Cryのポップアップストアのレビュー、そして購入した商品を紹介してきた。

僕が購入した商品以外にも、トートバッグやバンダナ、ステッカーなど様々な商品があったのですが入店する頃には全て売り切れ。
VERDYさんいわく、またポップストアを随時開催するようなので次回リベンジに向けてまた情報を収集したいと思う。

Girls Don’t Cryのゆるいトップスに合うような細身のパンツを探している方は下記を参考にしてみてくれ。

【脚長効果】メンズにオススメの最強の黒スキニーパンツベスト3について徹底解説

2019年10月31日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパとファッションとガジェットが好きなフリーランスデザイナーだ。 趣味はバックパッカーで、これまで世界30カ国を旅してきた。ナンパメソッドや商品レビュー、ホステルレビュー、資格取得方法など様々な情報を発信している。気楽に見てってくれ。