FP3級に3日間の勉強で合格した勉強方法 【当日編】




前編ではFP3級の勉強法について書きましたが、後編は試験当日編です。

前編はこちら

FP3級当日のスケジュール

FP3級のスケジュールは、以下の通りです。

10:00〜12:00  (120分) 学科試験

〜昼休憩〜

13:30〜15:00 (90分) 実技試験

という流れ。

10時開始なので、TOEFLやIELTSなどの試験と比較して朝はそこまで早くないですね。

 FP3級試験当日の過ごし方

9時半頃会場に着いたのですが、僕が受けた会場では想像以上の受験者で溢れかえっていて驚きました。

FP2級、3級合わせて1000人弱はいたと思います。エレベーターがパンクしており、階段も超混雑でした。

なので、当日は余裕を持って会場に入ることをおすすめします。

試験開始20分前くらいに教室が開放され、受験番号の書いてある机に座りました。
ここまでの流れはTOEICと似たような感じです。

試験開始5分くらい前になると問題と解答用紙が配られ、試験官の方がいくつかの注意事項を話していました。

学科試験

そして10:00ジャスト、学科試験スタートです。

解いていく中で、何度も繰り返し暗記した問題がある一方、悩まされる問題も多少あり結構時間がかかりました。

最終的には30分くらいで全て解き終え、見直しをしていました。

学科試験は試験開始から60分経過すれば退出できるので、僕も60分を過ぎて教室を出ました。
午後の実技試験に備えるためにも、早めに退出することをオススメします。

休憩時間

休憩時間、当日ここで困ったのが、お昼ご飯をどこで食べるかです。

僕の受けた試験会場の近くにはレストランやカフェが全くなかったため、仕方なくグーグルマップで調べて3キロくらい歩いて空いてそうなカフェにいきました。

試験の間に体力を削るのは勿体無いので、事前に余裕のある方は試験のスケジュールだけでなく当日のランチスケジュールも決めておいた方が良いかもしれません。

そしてお昼ご飯を食べ終えた後、午後の実技試験に向けて問題集に軽く目を通してから試験会場に戻りました。

実技試験

そして13:30、実技試験スタートです。

実技試験は面白いように勉強した問題が出ました。

1問だけ初見の問題が出たのですが、途中で引っ掛けということに気づきなんとか全て解くことができました。

初めて受験したFP試験でしたが、試験が終わった時の爽快感はTOEICよりも爽快でした。

試験を終えてから

FPの試験は試験当日の17時〜17時半頃に解答がアップされるため、当日に合否がわかります。(問題用紙持ち帰りOKです)

なので、当日は家に帰ってドキドキしながら17時を待っていました。

そして、17時過ぎに発表された解答を速攻で自分の解答と照らし合わせたところ、、

無事合格していました。学科が不安だったので良かったです。f:id:yu_coin:20180121102057g:plain

今後の展望

現在は、次回控えるFP2級の試験に向かって勉強中です。
2級は3級に比べると一気に難しくなり、流石に3日間の勉強で合格するのは至難の技となりそうです。

特に筆記試験が難しく、綿密な対策が必要です。
参考書選びやスケジューリングなど、まだわかり次第追記していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ファッションとガジェットが好きなフリーランスデザイナーです。 趣味はバックパッカーで、これまで世界30カ国を旅してきました。商品レビューやホステルレビュー、資格取得方法など様々な情報を発信しています。